ブラフマの科学 Brahma Vijnana の翻訳断片

魂の科学の続編「ブラフマの科学」が邦訳されておらず、英訳本はあったのですが翻訳に信用ならなかったので、自分でヒンディー語版を翻訳しようとして力尽きた成果です 笑
魂の科学と違い、プラクリティなどの物質の展開を細かくみていく内容なので、今根を詰めて読んでいく内容ではないと思いました。
誰か意志を継いで翻訳を完成する人は現れるのでしょうか…汗

翻訳

《》は訳註(誤字の指摘など)。<>は翻訳の別候補など。序文より前は自動翻訳も混ざってます

Brahma Vigyan(簡単な紹介)
ヨガの修行は、インドの世界への最高の贈り物です。 「創造の時代から現在まで、この高潔なインドの高潔なインドは多くの偉大な偉大な魂を生み出しており、それらは時々この神聖なヨガの道を強調してきました。 慈悲深い神がこの時代に偉大な禁欲的なヨガの最も深い秘密にインタビューしたシュリヨゲシュワラナンダパラマハムサに霊感を与え、そのようなヨガの経典を作成し、探求者の独善を取り除き、このヨガの規律を復活させたのは私たちの幸運です。 マハラジ・チが彼の著作からこの3冊目の本を作曲したのは、サマディスタの状態で達成されたこのインスピレーションによるものです。
この本は、地球から自然の平衡までの33の物質について説明しています。 ブラフマを含む34物質のみが科学の対象となります。 個と全体の区別について詳しく説明します。 プリティヴィからブラフマまで34の物質があります。 それらの違いは根源的で意識的です。 33個の物質が地球から自然に根ざしている一方で、ブラームはすべての物質に浸透しています。 自然から生成された32物質の組成が詳細に説明されています。 これに加えて、プリティヴィの5つの形態の説明も示されています。

オーム《उが३になってる》 ブラフマ科学(神の科学)
(SCIENCE OF DIVINITY)
すなわち
ブラフマ邂逅のインド科学の最新の探索
著者《प्रणेता の誤り》
Shri Yogeshwaranand Paramahamsa
魂の科学、古の科学、外のヨーガ、最高我(無属性)のブラフマ、神の言葉の科学、神の占星術の科学
の著者
Publisher Yog Niketan Trust 30-A / 78、 Punjabi Bagh(西)ニューデリー-110026

©All rights reserved(書籍の引用または翻訳には出版社の許可が必要です。第60《षष्टिमの誤り》版2008年7月
価格Rs。250 /-ルピー
印刷社
Mayank printers2199/64、ナイワラ、カロルバグ、ニューデリー-1100051モバイル:9810580474

オーム
出版社の方から謹啓
最高原理ブラフマ最高神の計り知れない恵みにより、ブラフマンを崇敬する《ब्रह्मनिषठ》 Yogipravar《प्रवर優れた、ゴートラの祖のムニ)》ブラーフマン・ヴァルナ出身のリシ(ब्रह्मर्षि) 108 Swami Yogeshwaranand Saraswati Ji Maharajによって作曲されたYogavishyak Granth Malaの3番目の花ブラフマの科学をお届けできることを嬉しく思います。 この穀倉の最初の2冊の本では、アシュタンガヨガの8つの部分が詳細に説明されています。 この本ブラフマの科学は、シュリ・スワミジ・マハラジから最高位の探求者への計り知れない贈り物であり、自然の起源、自然とその機能、ブラームのインタビューのような微妙な主題を説明しています。 この本の構成は、過去40年間の緊縮財政での経験に基づいています。

序文
本書の最後で、魂の科学は機会を与えられたときにブラフマの科学も台本化されることを示しました。魂の科学の重要性はブラフマの科学自身にあるからです。 ブラフマンなしでは、魂の科学は不完全です。 私たちの魂の科学テキストは、国民から心から迎えられました。 したがって、その反復をすぐに公開する必要がありました。 スピリチュアリティ-パスの巡礼者の間で特に尊敬されています。 私たちはバドリナートに行き、多くの霊的な愛好家とブラフマの探究心の繰り返しの祈りの上でこのブラフマの科学の本をすぐに脚本しました。 そこで彼は、アラクナンダの聖なる銀行のビルラ・ハウスに住むことでこの仕事を完了しました。
ブラフマの科学の主題は非常に複雑です。 Swanamdhanya Maharshi Patanjaliは、彼の偉大な思いやりで、この素晴らしい仕事にヨガのような素晴らしい科学を提供しました。 しかし、ヨガの練習の神聖な伝統は、その時までに消滅しました。 人々はヨガの練習を忘れています。 ヨガを難しいと考えた後、彼はそれに無関心になり、「Ayantu Parmo Dharma:Udyendenatamadarshanam」の重要な声明を完全に忘れました。
私たちは、テキストとヨガニケタンのヨガクラスでのヨガトレーニングを通じて、ヨガの復活、促進、普及に努めてきました。 それが、私たちのテキストのバヒラング《外側の》ヨガと魂の科学でヨガの機能的な形を説明した理由です。 ブラフマの科学では、ブラームのような最高の科学を、簡単、簡単、わかりやすく、シンプルにする試みがなされました。 これにより、魂の科学の好奇心が導きを受けます。
このため、ブラフマの科学という本は、雪に覆われた美しいシュリ・バドリナートで書かれていなければなりませんでした。 3か月に1回
《未チェック》

(7)
筆記して出来上がった。 一般の人でも理解できることを念頭に置いて、私たちはこの本の言葉を理解の容易に保つように努めました。

個々の物質の関係は主な形で個我と共にあります。
それらの私達は詳しい記述を「魂の科学」本で
してしまいました。
個々の物質の特定の形でブラフマと共にあります。
これらの記述はこの「ブラフマの科学」本で行いました。
全世界は無限≪अनंत≫です。
もともとこの全世界には35の物質が解脱の為にあります。
これらのあらゆる出会いの後にだけ解脱を得ます。
それらの物質は:
1。 ブラフマー≪神≫、2。 ジーヴァト≪個我≫、3。宇宙プラクリティ、4。宇宙マハーカーシュ≪完全なる宇宙≫、
5。 宇宙方位、6。 宇宙時間、7。 宇宙の大なる善性、8。 宇宙の大なる動性≪राजःはराजの主格変化?ラジャス?≫、9。 宇宙の大なる暗性≪तमःは闇?タマスの事?≫、10。 宇宙心素、11。 宇宙のブッディ≪知性、理智≫、12。宇宙の善性我執、13。 宇宙の動性の我執、14。宇宙の暗性の我執、15。 宇宙の精神≪मन≫、16。宇宙の運動器官≪मがणに誤字≫、17。宇宙の触覚器官、18。 宇宙の視覚器官、
19。宇宙の舌味覚?、20。宇宙の鼻嗅覚?、21。宇宙のवागेंद्रिय≪口?発声器官?≫、22。宇宙の手、23。 宇宙の脚、24。宇宙の男性器≪शिशन≫?、25。宇宙の肛門、26。 宇宙の音のタンマートラ≪五唯。シャブダタンマートラ(音)、スパルシャタンマートラ(触)、ルーパタンマートラ(色)、ラサタンマートラ(味)及 びガンダタンマートラ(臭)≫
27。宇宙の触覚のタンマートラ、28。 宇宙の形タンマートラ、29。宇宙の味タンマートラ、30。宇宙と臭いのタンマートラ、31。宇宙のアーカーシャマハーブータ、32。宇宙のヴァーユマハーブータ、33。宇宙のアグニマハーブータ、34宇宙とジャラ≪水≫マハーブータ、35。宇宙のプリティヴィーマハーブータ

ブラフマとアートマンを除いて残りの32の物質の質料因≪material cause उपादान कारण≫はプラクリティから発生しています。
それらの起源の中で作用因はブラフマーです。
これらすべてとブラフマのどのような関係があるか、それ≪ブラフマ?≫はこれらの物質をどのように生成しているか、そしてこれらの物質の科学とそれらの中のブラフマの科学はどの種類から存在しているのか、これらは全ての本に詳しく記述されています。
すべての宇宙の物質とそれらの原因形態プラクリティそしてブラフマと対面すると<ने後のपरは〜すると〜>個我にその様な解脱を手に入れます、この本の読者達を理解させる事の努力をさせる様な。世界の原因プラクリティとその全体の仕事の形態、および魂とブラフマの真の形態を現実の中に説明しています。
個我のどの様式で、そして何によって解脱するか、解脱の中に個我の

(8)
どこでそしてどの様な状態があるか、
天国、解脱、独存で個我に何が得られるのか、これら全てのことの理解の容易な方法で疑念を解いて<名詞-पूर्वकで〜について、〜で、など副詞を作る>詳細に記述されています。
この「ブラフマの科学」は、読者と探求者にとって非常に有益であり大きな安寧をもたらすでしょう。
-Swami Yogeshwaranand Saraswati

バドリナート聖地 アラカナンダ河岸
ヒマラヤバードン月<バードラパダ、インド太陰太陽暦の6月、太陽暦の8〜9月> クリシュナ-ジャンマーシュタミー<インド歴6月バードラパダ月黒分の8日(日本の旧暦で7月23日、クリシュナの生誕日)>
ヴィクラミーサンヴァト<विक्रमी संवत् (बिक्रमी)紀元前57年に始まるウッジャインのヴィクラマ・アーディティヤ王の創始した紀元>2019年、1962年

(写真)
シュリー ヨーゲシュヴァラーナンダ パラマハンサ

(写真)
シュリー ヨーゲシュヴァラーナンダ パラマハンサ

(9)
オーム
最高神礼拝
यो भूतञ्च भव्यञ्च सर्व यश्चाधितिष्ठति ।
स्वर्यस्य च केवलं , तस्मै ज्येष्ठाय ब्रह्मणे नमः ।।
   अथर्ववेद , काण्ड १० , सूक्त ८ , मन्त्र १

遍在するブラフマは3つともの時間ー過去、現在、そして未来ーの中に存在しています。
神の庇護は全ての根源および意識<人間?>にとどまっています。
一切のもののブラフマこそ居住地<機関、管理者>です。
ブラフマは三つの時間にいつも永遠の形で存在し続けています。
ブラフマは唯一の<केवल純粋な、完全な知、解脱>幸福の形態です。
その最も偉大なブラフマンに私達は敬意を表します。

師への礼拝
彼らのこの上ない慈悲によって私達にこの神々しい<天からの>光を得た状態がある<得ている>パラマプージュ<最も尊敬されている、プージャを行う資格のある人>サドグル<立派な師匠、真の師、神>たる神々にも実に様々に謙虚な敬礼をします。

गुरुः ज्ञानं ददात्येव , ज्ञानं च हरिभक्तिदम् , हरिभक्तिप्रदाता यः को बन्धुस्ततः परम् । अज्ञानतिमिराच्छन्नो ज्ञानदोपं यतो लभेत ,
लब्ध्वा च परं निर्मलं पश्येत् को बन्धुस्ततः परम् ।।

世界で直接見る事の中で感じます、師たちによってこそ知識が手に入る事を。
師たちから知識を得ている事なく、人間は闇につまづきを被っています<無知で失敗を苦しんでいます>。
師は真我の科学とブラフマの科学を授けます、彼は偉大な魂の特別な恩恵です、その知識によって全ての罪を取り去る人々は神の信心があります。
この様に最高神に信愛を捧げる人達は師より抜きん出て他の誰が世界で最高に有益な兄弟になれるでしょう!

最も尊敬すべきグルデーヴァの授与された知識によって心の無知が遠のいて知恵に似た灯りを得て魂とブラフマが出会っている彼らはグルデーヴァより抜きん出て世界で他の誰が最も有益である事が出来るのか。

(10)
対象<主題>-提示<モデル、譬え>

तमीश्वाणां परमं महेश्वरं , तं देवतानां परमं च दैवतम् । पति पतीनां परमं परस्तात् , विदाम देवं भुवनेशमीड्यम् ।।
श्वेताश्वतरो ० अ ०६ । मन्त्र ७

この神は、全ての神性の神性そして神々の神、最高神、主の主、そしてपर से परです。
彼よりも大いなるそして偉大な誰かはいない。
その尊い神を私達は知りましょう、そして得ましょう。
その神こそ、全ての世界であらゆる宇宙で賞賛されるにふさわしいです。
彼を信愛し、彼を礼拝する必要があります。
ブラフマの科学は万物と特別の様式によって関係があります、故に一般の様式による万物の誕生とその<万物の?>物質の科学を得る必要があります。
了 主題ー提示

(11)
第五版
第4版では、言語と印刷に関する若干の不純物が残ってしまっていました。
巨大な人体と主題対象の深淵さのために、この本の中でヴェーダ、サーンキヤ・ヨーガ、およびウパニシャッドから多くのマントラ、スートラの講義の確認の中のあちこちで天の星座の様式が輝きます、それは研究的な修行者にそれらの聖典の読書および思索の為に刺激を与えて続けているでしょう。
この為に、それらの課と章の完全に正しい様式によって執筆及び引用されたマントラとスートラをラダーンシャで分離した簡単に利用できる形式によって述べられています。
期待があります、事情に詳しい読者層の為に述べられた改訂版はより便利になるでしょう。

したがって、彼のテキストとエピソードは完全に書かれており、引用されたマントラと経典はパッセージで別々に提示されています。 うまくいけば、改訂版は目の肥えた読者にとってより便利になるでしょう。
Nityananda Kapilマネージャー
Yoga Niketan Trust、ニューデリー

(12)
オーム
ブラフマの科学 
目次

(1)
オーム
ブラフマの科学
第一章
宇宙<マクロ?>マハーブータ<五大>の創造でのブラフマの礼拝と知覚
第一節
テーマの入り口と科学のプロセス

ブラフマ…世界を目に見える形で見るとその動作主の推理があります、この世界を作る誰かがきっといると。
だから推理は言わせてしまいます、この世界の主が一般に目に見える見る事の中に現れないと。

質問…彼は創造意識それとも根源ですか?

回答…根源の物質自身が規則正しく活発であり、理性に従い順序によって現実の時間で手順を行う事に能力がありません。
実例の形では建物の建設、食品の製造、楽しむ物<食べられる物?享受する物?娯楽品?>-モーター、鉄道、飛行機(飛行機)、船、ロケット、スプートニク、機械などの製造は自ら存在出来ません。
これら全ての物質の生成を行う意識のあるプルシャは目に見える形での見る事に現れます。
この様にこの世界を生み出す何らかの意識のある特別な精神<イーシュワラ>こそが必要です。
人は数千万、そして数千億を手に入れても一つの山を作る事が出来ません。
したがって、全ての世界ーあの世と一切のブラフマーンダ<宇宙>の創造者は、何か特別な精神や偉大な意識のある力は必ずあります。
その特別な意識のある力を私達はこの本でブラフマ、イーシュワラ、バガヴァーン<神>やパラマートマー<最高神>などの名前により言及するでしょう。

プラクリティ…質量因も必ず何かが存在する必要のある物質によってこの世界は作られています。
その原因も私達のこの目によって見る事の中に現れません。
知覚の対象は存在しない事により、それをも私達は推理こそ行います、この様な何か全ての優れた物質があり、それは微細で、それによりこの世界のあらゆる物質は作られていると。
原因無しでどんな働きも存在出来ません。目に見える形態によっては見えない、この世界とその物質の根本的な原因、非常に微細であるそれをこそ私達は質量因と呼びます。
正にこの質量因を私達はこの本でプラクリティやマーヤーの名前で言及します。

(2)
あらゆる物質の発生時に主な形態で一つの質量因が存在します、そして残りのその共同作因?が存在します。
この様に目的因も一つの主なものであり、残りはその共同作因です。

これをこの譬えで理解して下さい。
一人の金細工職人が耳の金飾り(イヤリング、針)を作ります。
ここで金の細工の質料因があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました