タルパの海外論文

https://online.ucpress.edu/nr/article-abstract/19/1/87/70982/Tracking-the-TulpaExploring-the-Tibetan-Origins-of?redirectedFrom=fulltext
タルコンと似た内容を論じているようですが、未読です。
もし読まれた方は感想を教えてください。

コメント

  1. klim より:

    こんにちは、だいぶ前に一連の著作を拝読しました。
    特にタルパ×コンプレックスは細かくリサーチされておりとても勉強になったのを覚えています。

    気になったので紹介されていた論文読んでみました。

    主旨は大体下記のような感じかと。

    現代のタルパはチベットで本来使われていた意味からは乖離しており、神智学の「思念が形を持ってひいては自己の意思を持つようになる」と言う考え方にチベット語を冠したものだ。ある種のcultural appropriationとも取れるが西洋・チベットと言う一方にパワーバランスの傾いた関係における文明の交流の産物とも言える。

    気になった箇所を引用しておきます。
    “(S)prul pa were never thought of as arising from sheer thought or belief (in Tibet)”
    “(T)hey (Evans-Wentz and David-Néel) effectively divorce this concept (of sprul pa) from the soteriological functions it serves within a Buddhist framework. Without this move it is doubtful that the contemporary paranormal tulpa would have been possible.”
    “David-Néel introduced the notion that emanations can be created unintentionally or through collective belief, an idea that appears to be unprecedented in Tibetan Buddhism.”
    “These Western ideas of inadvertently created, frightening and dangerous thought-forms are the true provenance of the tulpa as described by David-Néel and promoted in contemporary paranormal lore.”
    ‘The history of the tulpa could be read as a case of Theosophists appropriating a term from Tibetan Buddhism to give their own esoteric ideas some Orientalist “window dressing.”’

    タルコンを読んだのが大分前なので詳細を忘れてしまいましたが、ポックルさんの見方とは多少異なるような気がします。

  2. pokkuru より:

    ありがとうございます!とても助かります。

タイトルとURLをコピーしました